October 24, 2021 at 09:23PM

For some reason, I look back to the past in October. Keiko and I restarted Sashiko, after so many years of stitching, with making several “Sashiko” Jackets. We had been through a lot around that time. It is surprising that she smiled in the photo, yet it is not the smile I can see today (or the smile you know if you have met her before).

I write a lot of stories: sometimes uncomfortable for you. However, my motivation is simple. I would like to protect her smile like the one on the 10/15 post. And, I now strongly believe, by sharing stories, I can protect many smiles like hers, in Japan & in Japanese heritage. I live in the past, and relying on you to create a decent future. 

諸事情でやっぱり10月は過去に戻りがち。特に今週末のように、窓外に無音で落ちる雨と粘土で遊ぶ娘を見つめながら、流れるゆっくりとした時間は特に、どうしても目の焦点は過去に向かってしまうようで。

恵子さんが刺し子を再始動し始めた時は、正直これほどまでに沢山の方とご縁を頂けるとは思っていませんでした。顔出し許可も出たので紹介するのですが、やっぱり作品作りを楽しんでいるとは言え、やっぱり笑顔が違う。当時の状況を鑑みれば、無理にでも笑顔を作れるだけ凄いのですが、それでもやっぱり今の笑顔が嬉しかったりします。(商業的に弾かれた)捨てられる直前の布に向かい「もう一度舞台に立たせてやるからな」という、彼女の再始動の言葉は、僕は布だけへの言葉だとは思っていません。偉そうに、小難しく、なんだかんだと話をしていますが、僕は結局はこの笑顔を守りたいんだろうと思います。この笑顔を守るために何をするかというと、僕が刺し子友達をたくさん作り、恵子さんの世界を広げることなんだろうと思っています。(僕を置いてけぼりにして友人関係作るのは……まぁうん、仕方ない)。極めて単純です。だから変わらない。

#Sashiko #JapaneseSashiko #刺し子 #日本人の刺し子


via IFTTT

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.