October 15, 2021 at 07:56AM

My mother, Keiko, and I lost everything 8 years ago. With arranging what we had, and what we wanted to have, we started our Sashiko from Zero: We had nothing but ourselves. Keiko decided to live with Sashiko again, and I am determined to support her no matter what.

“What is Sashiko (for Keiko)?” → A way of living. “Does Keiko like Sashiko” → It isn’t a matter of like or not. I do not have a specific teacher in Sashiko. All of the artisans I grew up with are the teachers. However, Keiko, as the one who was always here with Sashiko, is the fundamental of our story. 

We shouted out in gratitude when a customer purchased a skein of thread when we restarted our Sashiko. The feeling hasn’t changed at all. We appreciate everyone who supports us in various ways. Therefore, we order packages with our own hands, wishing to meet them & share Sashiko with them, one day, together. This is a series of Sashiko Stories of a mother & son, who happened to live with Sashiko as their fate. 

久々に恵子さんと顔を合わせながら話をしました。きっかけを頂いて、これまでの「刺し子と恵子さんと僕」のお互いの思いを言葉にする必要が出てきて、その簡単な打ち合わせの為の時間でした。改めて思うのは、僕が日々お伝えしているお話の土台は恵子さんの言葉にあるということ。当たり前だけど、でも、恵子さんの素直な言葉を聞くと声を出して笑ってしまうほどに核心をついてくるのです。

「(恵子さんにとっての)刺し子とは?」→生きるための手段。修行。「刺し子は好き?」→好きとか嫌いとかっていう次元じゃない。「刺し子から学んだことは?」→継続することの難しさ。私利私欲だけでは継続できない。などなど。やっぱり恵子さんは僕の師匠であり、生き字引みたいなもんです。刺し子で生き抜いてきた人だから。

僕と恵子さんは一度全てを失い、一度は刺し子を諦め、でもやっぱり刺し子から離れることはできなくて、8年間大切なものを整理しながら積み上げてきました。まだまだ道半ばですが、ここまでこれたのは本当に皆様のおかげです。専業子育て主夫だった僕と、ネットビジネスなんて知識ゼロだった恵子さん。糸や作品をご購入頂く度に歓喜の声をあげ、その感謝の気持は7年経った今でも全く変わりがありません。いつか、是非、皆様には恵子さんの作品を直にとって見て頂きたい・感じて頂きたいです。刺し子作品には魂が宿る。そんな迷信じみたことを形にしていると思うのでね。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

#Sashiko #JapaneseSashiko #刺し子


via IFTTT

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.