November 24, 2021 at 08:37AM

Thank you for stopping by yesterday’s Youtube Live Streaming. When I write or make a video, I prepare the contents as much as I can. For me, it is a form of courtesy in sharing the message & story. At the same time, sometimes, the preparation can filter, or skim off something important that I do not even realize. I share my stitching with no editing to avoid that. Yesterday, I shared my idea without editing, as a human with emotion, about Cultural Appropriation in Sashiko (or maybe other terms for what I am going through) can create pain.

Since C/A is complicated & sensitive, I purposefully made “my issue” simple. When they say they appreciate the culture, I want them to rethink if they may be hurting someone. When they say they worry about in C/A, then it is probably already the cultural Appreciation. Almost an hour of my honest words. Please check the Live Streaming archive on 11/23. (https://youtu.be/W8UjjWUKpvk) or Search Channel with “Sashiko Story”.





「刺し子はこうあるべきだ」というこだわりは有りつつも、それを言葉に出したり、誰かに押し付けたりはしません。新しいことをする度に無言の批判を受けてきたからかもしれませんが、日本国内の刺し子には常に自由であって欲しいと思っています。もちろん、同時に各々の好みが存在することも尊重しながら。

そして、なんだかんだで一番刺し子において自由なのが、僕が知る限り一番刺し子を楽しんでいるのが恵子さんだったりします。予算考えず好きなように作り続ける環境を恵子さんに提供するのが僕の仕事みたいなものなので、楽しんでもらうことが本望なのです。たまに「それは効率が悪い……」と思うこともあるけれど。

濃い糸色で生成りの布地に刺し子。うん。あまり好きじゃないから丸ごと藍染しちゃえ……というとんでもない想像力が、違う藍の青の表情を出したりします。可能性は無限大です。だからこそ、刺し子を教える際、伝える際には、各々の「できる限り」の学びの努力をして欲しいなと思うのですよ。インターネットで検索して、誰かが翻訳した文章を鵜呑みにして、そのまま専門家を名乗れる程の、薄っぺらい社会になってしまった現代だからこそ。

#Sashiko #JapaneseSashiko #Indigo #刺し子 #日本人の刺し子


via IFTTT

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.