March 21, 2024 at 08:25PM

I started seeing so many photos of Sashiko with Unshin – from those who learned Sashiko in our Workshop. You may wonder how I can tell the difference between Sashiko with or without our teaching. It is interesting that the stitches themselves start communicating once they learn how to ride on the rhythm. Sashiko introduced today is so focused on the “result” and how it looks – as the results, some teach Sashiko with ridiculous “correct answers” or tell students to embrace the imperfection. It is perfectly fine to embrace the imperfection – yet when a teacher/author teaches the students to celebrate their lack of skill, then they aren’t teaching Sashiko itself. I do not want Sashiko to be used as an excuse to not to work hard with respect to the ancestor. I want everyone to enjoy Sashiko with proper understanding & skills, too.

I question myself how I can preserve the Sashiko we practice. The trend over someone’s profit is so strong & fast that the “definition” itself starts having its form. I don’t know the answer, yet, but I know what I can do – to keep sharing & teaching the Sashiko we practice. It isn’t the majority, yet people find us, try to learn from us, and help us to preserve it by enjoying Sashiko.

I am feeling a bit better, so I try to be on Youtube for Live Streaming. I have nothing to hide. Please learn Sashiko from someone who actually likes stitching.





なんとか体調は持ち直したので、これからの英語の配信と、日本時間の今日の夜の配信、頑張ろうと思っています。季節の変わり目の体調不良だったとは思うのですが、同時にここ数ヶ月のストレスも尋常じゃなくて。流行とはこれほどまでにも暴力的になりうるのかと、これまでのほほんと構えていたのが信じられないほどです。怖いです。私自身、これまでも流行に乗って誰かを傷つけていたのかもしれないと思うと、怖い。ただ、この「怖いと思うこと」自体が想像力となり、想像力さえあれば流行は暴力的にはならないので…想像力の大切さを言葉にし続けたいと思うのです。

変化を続ける刺し子の中でどうしたら私達の刺し子を残すことができるのか。流行とは違う場所に存在する刺し子を、どう守っていけるのか。今も、そしてこれからも考え続けていかなければいけない大きな課題ではありますが、一つだけ明確になっていることがあります。それは、「私達にしかできない刺し子が存在する」ということです。運針をしない刺し子も、しっかりとした刺し子です。ただ、運針をしていないと作れない刺し子があることも事実です。無理に合わせにいくのではなく、どれだけ流行から離れていても、どれだけ真似されて無視されても、愚直に続けることこそが答えの土台になるんだろうと思っています。

見てくれている人はいます。そして増えています。想像力がある方の中には、物語を伴わない流行の中の「答え」に疑問を持つ方もいらっしゃいます。一緒に刺し子を楽しんでくださる方もいます。一緒に作ることで形にできる作品もできるようになりました。刹那に作られる流行(60秒の映像)には、何をどうしても速さでは勝てません。勝つ必要すらない。愚直に。そして馬鹿にされることがあったらしっかり怒りつつ。楽しんで刺し子してりゃ、きっといつかは報われると信じて。

#Sashiko #刺し子


via IFTTT

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.