June 01, 2021 at 03:40PM

I would like to consider myself a story-teller rather than an activist for Sashiko. I thought, as a story-teller, my mission is to share a series of “new” stories. Therefore, I try to write something new in every post. However, I may have to change my view. If I am asking for a change to those with (intentional) ignorance, then what I do is more like an activist. It’s the matter of definition, but I learned the importance of sharing the “Same” stories over and over again.

I do not still consider myself an activist yet. I am NOT here to change anyone’s view. I just want to “leave” my voice so that someone (like you) will understand what `”Sashiko”would be ” when our Sashiko is wiped away by populism & commercialism. I summarized important information into videos. Please check them on our Youtube. There are NO rules in Sashiko – just respect to an origin (No rules doesn’t mean whatever is good).

愚直に想いを言葉にして3年ちょい。継続はいつかは形になるもので、お陰様で「仕事」と呼べる課題が山積みの毎日です。量的に言うと、一人ではどうにもならない感じ。昔10人の頭で踏ん反り返っていた頃に比べると、とんでもない業務量です。昔は本当に恵まれてたなぁ。

一人でどうにもならないなら「人を雇えばいい」とアドバイスを頂きます。うん。正解。でも微妙にずれているのです。仕事の目的が業務拡大且つ利益であれば、人を雇うのが正解です。僕の今の仕事にもその側面は勿論あるのですが、でも問題は「利益よりも重視する想いがある」ということ。人様の人生を背負うと、これができなくなります。だって普通、お金の方がいいもの。

今の刺し子の現状は商業主義の一つの結果です。決して否定している訳じゃないんです。そもそも僕は刺し子の商業化の中で育ってますし、日本国内だけだったらここまで僕は苦しんでいない(悩みはしただろうけれど)。商業主義と西洋文化が交わる事で、とんでもない発展が、しかも日本人が理解できない(文化的にも言語的にも)所で発展してるのが本当に嫌で怖いんです。大袈裟ですかね?でもね、もう手遅れかもしれません。でも手遅れでも黙ることはできません。だからこその動画です。英語圏での刺し子の懸念が第一なので、英語ばかりの動画で恐縮なのですが、想いが伝われば幸いです。

#Sashiko #SashikoStory #JapaneseSashiko #SashikoStitching #Boro #JapaneseBoro #刺し子 #日本人の刺し子


via IFTTT

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.