January 07, 2023 at 07:36PM

This is a follow-up of the previous post just in case the “wordplay” didn’t reach your attention (please read yesterday’s post first). In contrast to Western “God” in Monotheism, Japanese believe(d) “Gods(spirits)” exist in every matter. Throughout the “wordplay”, we can learn how they would appreciate the existence of spirit within ourselves. A Mirror is “Kagami (鏡)” in Japanese – which is an item to reflect ourselves. I see myself in the Kagami. In Japanese, “Ga” can mean “myself (I or Self)”. When I take out my own self “Ga” from the person on the Mirror (Kagami), [KaGaMi minus Ga] – it becomes [Kami]. In Japanese, Kami means “God” or “spirit”. This wordplay tells us how we believe that the “spirit” – or something important with our belief, exists within ourselves when we take out our own “Self”. In today’s society, insisting on self (individualism) is the key to success, yet this wordplay teaches us the importance of letting “Self” go. I understand that Sashiko is introduced as “Technique” to control the needle as “Self” controls the “result”. It isn’t wrong, but the Sashiko I introduce is more than that. We all have our “answers” within – and all I share in my class is the way & mindset to meet your “Self” in stitching. Sashiko isn’t just a trend, design, technique, or even marketing term – for me, it is what defines me without someone’s definition.





アメリカに移住して、永住権を取得して、妻が市民権を取って…と、アメリカに永住する覚悟が決まりつつある中、漸く英語を話す際に必要以上に緊張することがなくなりました。まだまだ勉強中ですし、母国語と比べると自由度は低いし、そもそも7歳の娘に訂正される程度の英語ですが、それでも目を真っ赤にしながら辞書と睨めっこしてた留学時代に比べると雲泥の差です。英語にある程度自信ができると、「どうしても直訳ができない単語や表現」が出てきます。以前ご紹介した「切ない」という感情表現は「Sad」でも「Painful」でもない何かです。両方意味は通じるけど、何か物足りない。雪が降り積もっていく様子を表現する擬音語が共通認識で伝わるように、「日々の日常の会話」が言語を作り、またその言語が文化を形成します。

博士過程や教授職のレベルで日本語を勉強・研究していらっしゃる 非日本人の知人のほとんどが、「勉強すればする程、足りないことがわかるね」と仰います。「うわばき」という、日本の小学校に行っていれば、あるいは小学生がいる過程で生活すれば当たり前に使う言葉が、日常を共にしないと研究をしているだけではわからないのです。良い悪いの話ではなく、「日常は習得(マスター)できるもんじゃない」ということです。

刺し子をする際に日本語が必要だとは全く思いません。ただ、刺し子を日本文化だとして教える場合には、「日本語」にも努力の比重を傾けて欲しいと思うのです。少なくとも、日本語を学ばず「刺し子のマスターだ」とは言って欲しくないのです。刺し子は技術だけじゃなく、その刺し子をした人の日常と、またその先人達&諸先輩方の生活の中で培われたものだと思うから。

#Sashiko #JapaneseSashiko #刺し子 #日本人の刺し子


via IFTTT

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.