December 30, 2023 at 08:22AM

「刺し子な福袋」についてのご案内が英語の後にございます。

You may wonder “What is Atsushi’s destination for sharing so many stories & his opinions?”. The goal is simple as I always say: It is to pass down the Sashiko we practice. All the posts here including non-directly-Sashiko-related topics are the vehicles to reach the goal. Some of the transit points are “Acknowledgement”, “Upstream”, and so on. Among big cultural differences, the “acknowledgement” will be the first step to fully pass down what I have.

Therefore, “Ignoring the negativity” isn’t the option. I understand the advice is very true, but it won’t do good for the long term. An analogy again. Let’s say, one “divides” a mountain small water spring to their profit. I don’t mind sharing “water source” as it is for everyone – but when they block the “other” stream to increase their water supply, then we would lose the river in front. One is okay to share – yet the other is monopolizing. To me, the negative comments are the way to “block my stream”. I cannot Ignore the Ignorance.

The reality won’t be that bad as I have you here, who acknowledges. However, it is getting to the point where “silence” is also no-good as the trend is so big. Wishing to keep the river in front with just praying in silence is too risky for me. So, please “add” learning of Sashiko from “Japanese with decades of stitching”. Introductory Course is available on Domestika to see the “difference”.




年末、最後の最後でやらかしました…。「刺し子な福袋」昨日大々的に「販売開始しますー」という投稿をしてベッドに入ったのですが、最後の確認の際に日本国内からのアクセスをブロックしてしまっていたようで。もう本当にごめんなさい。エラーが出てしまった方。クリックしても英語のビジネスページ「@UpcycleStitches」に飛んでしまっていた方。もう同じことにはならないはずです。福袋のご購入、是非ご検討頂けますと幸いです。大反省。(アクセス出来ない等あればDMでご連絡下さい。売り切れとなっても販売ページは閲覧できるように残します)。

本年も学びが多い一年でした。年末に考える時間をぐっと増やした結果、来年にどう日英の刺し子と向き合っていくかというのも固まった気がします。文化そのものが違うから、まずその「違い」を西洋文化の中で説明していくしかないのかなと。ま、することは一緒なんですけども。

一例ですが、「(刺し子に)間違いはない」という言葉を聞いて、どう思考回路が動きますか?英語圏で多く見られる反応が、「間違いがないなら何してもいいじゃん」で、どんどんと踏み込んできます。では日本だとどうでしょう?「間違いがないのであれば正解もなく、こりゃ面倒だな」と一歩引いたところから見てしまうのではと思うのです。感覚の話ですし、文化を「当たり前の平均値」として捉えた目線なので、勿論全ての方に当てはまる訳ではないですが、違いが存在することは明確かなと思うのです。言い方を変えれば刺し子を通して日本文化を背負って語るくらいの気概が必要なのかなと。やっぱり大学に戻る必要がどこかで出てくるのかもしれません。でもそうしたら刺し子する時間が減ってしまう。堂々巡りですが、変わらず伝え続けようと思います。

#Sashiko #刺し子


via IFTTT

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.