December 02, 2023 at 08:09AM

As I often say, there are no (absolute) rules to follow in Sashiko. There is no right or wrong in Sashiko. However, there are a number of “Local” Sashiko Rules that enrich Sashiko. In my Sashiko Class, I teach the rules we follow – but also mention that it is NOT the rules everyone has to follow.

While glancing at discussions about Sashiko in English, I often find the “Answers” that significantly simplify the practice. Some may be done by just not-knowing and being kind to others (yet offering an answer without proper knowledge isn’t really Japanese). However, the others may ignore the fact, and simplify the rules so that they can benefit from it.

I just want you here to know that there is a Sashiko which aims both Front and Back to be the same. There are reasons for why, and we have techniques to achieve so. It is wrong to teach others [Sashiko don’t make both sides the same]. It is misleading and excluding some of the “Japanese Sashiko” we practice. If they benefit from it (by teaching), then it is “Cultural Appropriation”.

Please do not listen to those who simplify the culture no matter how “famous” they are. There is a huge gap between “Don’t” and “Can’t”. Please learn it from someone saying “I don’t” instead of “I cannot”. You gotta be smart to see through (as no one say “I cannot”). Please don’t be a part of simplifying the culture. Please learn Sashiko from someone who really knows it.





定期的に(頻繁に)英語圏で話題になる「刺し子のルール」についてですが、その言語で理解できないのにどうしてそこまで自信をもって断言できるのか不思議で仕方ありません。イタリアのパスタについての議論でプロを名乗るなら、とりあえずイタリア語で理解できるところまでは謙虚を貫くのではと思うのです。こういう状況を作り出すのが言語間の力関係で、英語ができるだけで優位性があるよねと普段から愚痴る理由です。

刺し子にはルールが存在します。ただ、それは地方性が強く「絶対的なルール」は存在しません。というか存在しないようにお互いを尊重してきたのが刺し子の本質です。「刺し子の表と裏」は、表だけ綺麗にして裏を隠すのも、両面ともに綺麗にするのも、どちらも刺し子です。先日英語圏で本も出版している自称専門家が「刺し子では裏と表は一緒ではない」と断言して答えとしていました。それでは、私達が残そうとしている裏と表も一緒になるように努力する刺し子、つまり「布が足りない時代、裏布が手に入れ難い時代に表と裏を作らないように努力した刺し子」は、英語圏では刺し子ではないのでしょうか?

これには言葉遊び以上の問題が存在します。それは「〜しない」と断言する人は「〜できない」ことも多いのです。専門家を名乗る以上、両面綺麗にする刺し子が存在することは知っているはずです。ただ、自分ができなから「〜しない」と返事する。この「しない」と「できない」の間には「努力」という文化を尊敬するにおいて一番大切なことが必要です。だからムカついてるんでしょうね。努力せずに何が専門家だって。英語できるだけで努力が圧倒的に足りてない。物売ったり宣伝したりする前にまずは針を持てよ。

#Sashiko #刺し子 #日本人の刺し子


via IFTTT

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.