August 25, 2021 at 09:03PM

Thank you for many good wishes for my fingers. They are getting better. I am an idealist, but not so an idiot to destroy my finger on purpose by doing idiotic things (like stitching in pain). 

The point is, though, the “ordinary” of Sashiko stitching. I have a friend who has spent her entire life in music. She takes extra care for her hands, and I completely understand it. Her hands create the beautiful music & art. My hands may create the “art” as well, but protecting it from the “possible injury” by outsourcing all the other “ordinary work” such as yard work, cooking, and cleaning doesn’t make sense in terms of “Sashiko and its ordinary”. Sashiko is part of ordinary work, and therefore, I do not fear the damage of hands. It is part of it. Health and Body are very important and precious. I dare not to damage it on purpose. I will try my best to heal them. However, I just want to share that I will keep working on my hands no matter how valuable my Sashiko becomes. 

沢山のご心配のお声を頂き、恐縮です。ありがとうございます。アホなことばかり言っていますが、基本的には小心者の慎重派です。無茶をする時は、無茶と把握した上で行動するので一線は超えません。前回の投稿で書いたこと、誤解があるといけないので補足させて下さい。

「指が痛くても、違和感があっても、何も考えずに刺し子をする。無茶をして指が悪化して、違う指や手を使ってでも刺し子を断固続ける」というようなことは、全く思っていません。手が使えないなら頭を使えと、この数日で積み上がってた本を沢山読みました。わーい。僕が意図したことは、「過剰に手を保護してまでする針仕事は、刺し子っぽいかなぁ」という疑問です。ほら、ピアニストが手袋とかをして、手を大切にするじゃないですか。それは「手に怪我をするリスク」を極限まで減らして、手による芸術(音楽)を奏でる芸術家だからです。刺し子も芸術としての影が強くなると、「日常生活の当たり前はしなくていい。刺し子は芸術なんだから、手を大切に」と言われてしまう日がくるのかなと、妻からの心配を受けて少し心配になったからなんです。

勿論、健康や身体は大切です。大義がなければ無茶は駄目です。同時に、調子に乗るのも駄目だと思うのですよ。「刺し子は素晴らしいものだ!」と英語圏から言われ続ける毎日の中で、やっぱり僕は「そうなのかなぁ」と常に自問自答をしておきたいのです。刺し子から日常が薄れると、何か違うものになってしまいそうな気がして。

#Sashiko #JapaneseSashiko #刺し子


via IFTTT

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.