April 07, 2022 at 05:09PM

It is Thursday, and I will have a Sashiko Live Streaming at 9 pm EST on Youtube Channel [Sashiko Story]. The more I talk to Japanese Sashiko artisan, the more I feel the need to communicate the stories that haven’t been shared. We (as Japanese) do not realize how “unique” our expectation is – in both Good & Bad ways.

It is absolutely important to have the “good design” or “even stitches” in Sashiko. However, the design and even stitches are more like the “outcome” rather than process. Therefore, when one only focuses on the result, it can lose the significance of Japanese Sashiko. You wonder: Then what is the significance of Sashiko you are talking about? My Sashiko Stories are the answer to that. It is impossible to offer the answer in one paragraph – so I want you to think while listening to our voices.

Please, please keep learning what Sashiko can be for you. Sashiko isn’t the marketing term, or useful word, for someone who wants to get attention. It is more than that, and I am here to share what “more” can be.





先日も少し触れたのですが、刺し子の本質は「祈り」だと思っています。祈りには様々な形があって、一方通行の祈りもあれば、相互関係の対話のような祈りもあります。両方ともとても大切で、日本人の営みとしての刺し子の中の核となる部分、あるいは「核となっていた部分」だと思います。西洋にも「祈り」の概念や週間はありますし、Prayという単語も存在するのですが、唯一神が存在する一神教が一般的な西洋では、祈りとは「懇願」に近い感覚だと理解しています。「神様に許しを嘆願する」のが、一神教の祈りの原点なような気がします(間違ってたらごめんなさい)。

刺し子における祈りは「懇願」とは少し違います。どちらかというと、「感謝」に近い。何か目的を持つ祈りというよりは、既に起こったことに対する感謝(あるいは懺悔)の気持ちの反芻が刺し子での私がイメージする祈りです。だから、感情を「ミュート」もするし「増幅させる」こともあります(ここは敢えて主語を指定しないので、行間を読んでみてください)。

そんなことを思いながら手を動かしお話をするのが「刺し子配信」毎週日本時間の金曜日のお昼に英語版を、夜に日本語版をお送りしています。面倒だなぁと私自身が思うことも話すのですが、少し不思議な(あるいはしっくりくる)刺し子のお話を聞きにYoutubeのチャンネル[刺し子物語]に遊びに来て頂ければ幸いです。今回も柄を決めていない自由刺し子の続きです。テーマだけは決めていて、「ネガティブスペース」です。日本語にするのがちょいと難しいので、これも配信でご紹介しながら進めますね。

#Sashiko #JapaneseSashiko #刺し子 #日本人の刺し子


via IFTTT

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.