March 18, 2024 at 09:52AM

I apologize for canceling the previous Live Streaming on 3/14 without any prior notice. I found myself in a very sick condition on Thursday morning and I had been in bed for a while. I couldn’t get up to write the announcement… Sorry for that. I hope I can restart the Live concert this coming Thursday.

Sashiko is getting more popular day by day. It is a good thing that Sashiko has more opportunity to be seen, yet it has been a lot of work to “explain” what Sashiko is. The language is a power – and because of the power English has, Sashiko has become something very different from what I practice. You can find so many comfort & positive comments saying [Whatever is fine]. It is true that there are no rules – however, their comfort level simplifies, minimizes, and neglects the culture. I (need to) write a story to protect it. Well. I am happy to share the story – it is so stressful to deliver the message to those who I actually really need to deliver it to. There is another world outside of this account where people use the word “Sashiko” for their own convenience. It is one way to ignore them, yet I do not want to ignore the ignorance any longer. Well. I have no choice. I cannot let someone define what my (our) life is all about.





先週3/15の配信、事前の報告がないままお休みにしてしまって申し訳ございませんでした。木曜日、どうも体調が悪いなーと思って横になったら、そのまま起き上がれず週末を迎えてしまいました…。なんとか配信は非公開にできたので、不必要にお待たせすることはなかったかと思いますが、事前連絡ができなかった点、ごめんなさい。体調は戻りつつあるので、今週は通常開催できたら良いなぁと思っております。

どうも今年はストレスが多い気がしています。実際に身体にくる程の英語圏での刺し子の流れになっているのか、はたまた私自身の変化で感受性が強くなってしまっているのか…。冷静に考えると、「日本から出た刺し子はSASHIKOになってしまっている」と諦めの言葉を出す程に客観的にはなってはいるのですが、それはもしかしたら痩せ我慢をしているだけなのかもしれません。この投稿を読んで下さる方、配信を見にきて下さる方が沢山いて、私が一人ではないのは事実です。孤独を感じる必要もない。ただ、残念ながら「学ぼう」としてくれる人は少数派です。もしかしたら、ほんの一握り。それほどに英語圏での刺し子には「何でもかんでもOK」という流れが巧妙且つ強引に作られているなと思うのです。この流れを作ろうとした人達が時にブレーキをかけるような言動をするほどには暴走しています。

私は縁に恵まれていて、その縁だけを大切にしていれば今ほど心地いい場所はないんだろうと思います。と同時に、この英語圏での刺し子の流れが「英語(多言語)ができること」によって優位性が決まるのが本当に嫌で、日本で刺し子と向き合い続けている人を紹介しなければと心地良い場所から抜け出そうと足掻いているのも事実です。大切な人は傷つけないように、大切な核は失わないように。我武者羅に走っていた頃よりの周りが見えてきた分、ストレスが半端ないのかもしれません。

刺し子で溜めてしまうストレスを発散するのも刺し子です。刺し子そのものと、その刺し子でご縁を頂いた皆様と。今年はこの日本での刺し子の縁を少しでも広げていこうと思っています。まだまだ守らなきゃいけない刺し子があるので、立ち止まってはいられません。

#Sashiko #刺し子


via IFTTT

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.