January 03, 2023 at 09:22PM

In our Sashiko, most of the time we stitch from the “back (wrong/hiding)” side of the fabric. One of the core reasons for stitching from the back side is strongly associated with how Sashiko was developed – it was a stitching practice in the ordinary… which means “Not everyone wanted to do Sashiko”. So, finding the way to be “lazy” is quite important in the principle of Sashiko – as you won’t use a washboard to clean your pants when you have a washing machine hooked to cable & pipes.

Now, as we have so many choices, we can “choose” to enjoy Sashiko, and I am so happy that we can do so. However, it is important to acknowledge these stories, and especially the “ordinary people” behind them. There is no “universal answer” for Sashiko as some prefer top-load over front-load (in washing machine), yet we have similarity of “using it to make our lives easier”. If you find a way to make your Sashiko easier, apply it. Don’t suffer from stitching one by one to celebrate imperfection – it is too romanticized, I feel. This principle explains many wondering you may have – like why we do not use an embroidery hoop. There is nothing wrong with being lazy, and I hope you learn “how to be more lazy in Sashiko” from our Sashiko Class – Trust me – it works & will speed up your stitching.





「日常としての刺し子」をお教えする機会を頂く中で、「当たり前という概念ほど不確かなものはない」と常々実感しています。そもそも刺し子の運針会も、「ん?この運針の方法を習いたいのですか?なんで??」という、めちゃくちゃラフな感じの流れからきています。少なくとも最初は先生じゃなかった(笑)。「針に糸を通す」が当たり前の人も、あるいは当たり前じゃない人もいて、まずは「何を求められているかを知る」ことが大切だなと思うようになりました。今でももしかしたら私の「当たり前」を学びたいと思ってくれている人もいるかもしれなくて。

日本国内でさえ「当たり前」が違ってくるのだから、国が変わればもっと顕著に違いが出てきます。「当たり前」が「奇跡」だったりします。一番ショックだったのは「床を拭くことができない」人もいること。日本人は小学校で雑巾使って床拭きますからね…膝ついて掃除してたら「先生がそんなことしちゃ駄目です!!」って大声出されたこともあるほどで(刺し子終わりは、針が落ちていないか確認の為に乾拭きすると良いのです)。

伝統柄と刺し子にしても一緒かなと。個人的にはめちゃくちゃ簡単だと思っていますが、躊躇される人も勿論いらっしゃって。柄の準備も方眼さえ準備できれば後はなんとでもなるし、刺し子に至っては線に従って「できるだけ楽な方に(笑)」針を進めていくというだけなのですが、この私達の「当たり前」を、今年はもう少し丁寧にお話しできたらいいかなと思っています。話の詰まる所、目指すは「おばあちゃん(爺ちゃん)の知恵袋」なんだろうと思います。今年の福袋には、そんな願いも籠もっています。少し刺す量が増えますが、リズムに乗れるようになれば、量よりも「柄」で時間が変わってくるので、好きな柄も出てきて、「自分の針目の刺し子」ができてくるんだろうと思います!(疑問質問等あればリクエスト下さい!日本語限定にはなりますが、お答えできる範囲で頑張ります)。

#Sashiko #JapaneseSashiko #刺し子 #日本人の刺し子


via IFTTT

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.