August 01, 2021 at 01:29PM

The first Online Lecture (Webinar) I offered in a closed group setting was a great success. I am now preparing for the lecture on Sashiko for both in-person & Online. It is NOT a workshop or class to teach the technique. It is more like a “Story-Sharing” in a presentation style. Although I have so many stories to share, the messages can be summarized into several topics. In order to offer an enjoyable (Online & In-person) Lecture, I would like to understand which story resonates with them, or inspires them the most. 

Could you please comment here if you have a specific story, concept, mindset, or any writing I have done here that was powerful enough for you to keep it in your memory? I share so many stories that I cannot locate when & where I shared. However, I can write the same story again over and over. 

As I did not know what to teach in 2017 because everything was so ordinary to me, it is challenging for me to understand which story is “better” for non-Japanese audience. Your feedback will help me to develop a lecture, or even Youtube videos. Thank you for your time in advance!

10年前、大槌刺し子について初めて人前でお話したのが、刺し子に関した講演の初回でした。その後、ご縁を頂ける範囲で人前でお話をさせて頂いてきました。配信もそんな講演の大切な練習だったりします。こうして思いを共有し続けることで、ワークショップの依頼だけではなく、ワークショップに付随する形で講演を依頼されることも増えてきました。原則として針を動かして運針の実感をして頂きたいので、ワークショップに注力をするわけなのですが、同時に「話だけでも聞きたい」と思って下さる人がいることは、とてもとても有り難いことだなと思っています。

日本語で刺し子を話す時、ある程度の台詞を持って話をしています。わかりやすく響きやすい言葉が、存在します。「刺し子は味噌汁みたいなものだ」という長年使っている例えは、僕が伝えたい刺し子の本質を的確に表現していると思うのです。英語だと、どのような表現が一番響き、また伝わるのか。これは実践を通して学んでいく必要があるのかなと思っています。願い続けて、望み続けて10年目で一つの形ができました。ここから10年後には、もっと講演という形でも刺し子についてお話をしていけたらいいなと思っています。ワークショップと両輪としながら。

#Sashiko #JapaneseSashiko #刺し子


via IFTTT

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.