June 21, 2024 at 04:51PM

Whew. Completed this before the Workshop in MN. I will bring this as an example of “Non-Sashiko” and “To Be Boro” items to explain What is “Sashiko/Boro” to us – a group of Japanese people who have committed their lives into Sashiko.

In yesterday’s Live Streaming, I stated that “Every single piece of fabric has the potential to be Boro”. Boro isn’t something so special (although it has pretty crazy monetary value in the Art Industry). Some say that it is impossible to make “Authentic” Boro. What is “Authentic” here? It is another result of simplification & romanticism by those who think they know about Boro.

Boro isn’t the technique, or even style. It is just a “station (toward the final)” of the journey of Fabric. This Denim is NOT Boro at this point. However, when the owner keeps using the Denim, this Denim will start its own journey with carrying other stories from the fabric being part of it. When the journey continues, right before the final destination of this Denim (which can be a trash bin), it will look like “Boro” – and I would consider it as “Authentic Boro”.

I plan to start a group where I lead a better understanding. Please be part of it – and please keep educating others even if they consider themselves as “authorities“ in Sashiko. You may know better than they do.





英語圏で襤褸の本を出版している方が、「本物の(Authentic)な襤褸は作れない」と主張するのを見かけたことがあります。「本物の襤褸」ってなんなんでしょう?少し考えればわかることだとは思うのですが、ここに日本語ができない状況で襤褸を商用目的で美化する問題が存在します。襤褸がBOROとして世界に飛び立つのは素晴らしいことですが、本質と向き合わないまま教えることの危険性です。

これは断言してしまって良いと思うのですが、「どんな布も襤褸になる可能性はある」ということです。それこそ、今皆様の手元にある布製品も、ずーっと使い続け、補強や補修の為に針を通し続けると、いずれ「襤褸」のようになります。現代に残されている「本物の襤褸(と呼ばれるもの)」も、最初は襤褸ではなかったはずです。

確かに、明日「(本物の)襤褸を作る」ことは不可能でしょう。ただ、襤褸には本物もへったくれもなく、ある布と、その布に向き合った人々の物語の最終地点付近が「襤褸」なのだろうと思っています。布が最終的に辿り着く場所がゴミ箱だとすると、その直前まで意地を通した布が襤褸という「状況」になるんだろうと思っています。襤褸に似たものも作れますが、「本物の襤褸」を作ることは実は簡単です。布を使えばいいんです。ずっと使い続ければ、いずれは襤褸に「なります」から。

このデニムは襤褸ではありません。刺し子でもない気がしています。ただ、使い続ける中で刺し子をした布で補修することもあるでしょうし、補修に使う糸や針は刺し子で使うものと一緒です。結果、このデニムは、持ち主がそう願い使い続ける限り、ぼろぼろになっても役目を果たし続け、結果として「襤褸」になるのです。本物ってなんでしょうかね。本物とか本質とか語るのって相当勇気と覚悟がいると思うのですが…私には言語がわからない文化の中で、その「本質」を語るような無謀さは理解できないのです。

#Sashiko #刺し子 #日本人の刺し子


via IFTTT

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *